鹿野冬花火 銀嶺の舞

「鹿野冬花火 銀嶺の舞」に出演しました。

 

周南市の中でも山側に位置する鹿野ではもう雪が降っていました!

あたり一面銀世界!

ちょっと寒いけど、一生懸命歌を届けました!

 

ミュージカル・ミラクルキャットストーリー2012

初公開!

というわけで、ミュージカルを中心にお伝えします。


 合唱団でつくるVTR♪ part2

シティーケーブル周南で放映されるVTR2回目の撮影!

 

ナレーションはすみれちゃん(周南少年少女合唱団 32期生)のママ♪

 

撮影裏話で、

みんな:「ミュージカル・ミラクルキャットストーリーをお楽しみください!

しずく:「ミュージカル・ミラクルキャットストーリーをお楽しみに!

     …あ、違った…!」

 

と台本を間違える団員も…(笑)

初めての試みで、みんな試行錯誤しながら撮影を頑張っています。


ミュージカル!

【ミュージカル】 ザ・ミラクルキャットストーリーより4曲

・オープニング

・わたしは信じない

・こねこのゆめ

・あるわけニャい!

 

写真とともに2012年版のミラクルキャットストーリーをお伝えします。

まずはキャスト↓

三男坊&ミラクルキャット

三男坊役・のりピー(31期生)

ミラクルキャット役・ゆっきー(28期生)

昨年に引き続き、主役2年目のコンビ!

チームワークはばっちりです★★

村の子

28期生 さっきー・ひかりちゃん

29期生 はなちゃん・ななちゃん

31期生 しずくりっさー・かいかちゃん  32期生 あみちゃん

33期生 あやめちゃん・ちーちゃん・はーちゃん

 

写真のメンバー以外

27期生 しーちゃん

31期生 ずーちゃん

32期生 なっくん

 

青文字=男の子役 黒文字=女の子役


コネコ(ニャンコ)

32期生 すみれちゃん

33期生 ちまちゃん・けんちゃん・りのちゃん

    ことちゃん・ゆめちゃん・りこちゃん・こーしろーくん

34期生(※2013年入団予定) こうちゃん

 

12月8日欠席 じゅりちゃん(33期生)


ミュージカルの様子

オープニング

 

「これからはじまる物語

 知恵も勇気も ミラクルキャットストーリー」

村の子どもたちが歌うファンファーレ

物語の幕開けです。


 

物語のはじまりは、1人の少年と1匹のネコから―――

 

 

え?この長靴がほしいの?

――ニャオ

 

…はかせてくれって?


ねこ

「パンのおれいに 歌をきかせてくれるって?」

 

『月』がたくさん出てきます。

『三日月』『満月』『ハーフムーン…』

僕の目の中に、大きな大きなお月さまが…

――低学年の子が歌うので可愛いですよ☆彡

るわけニ
「しゃべるネコなんて、あるわけない!」

 

ダンスの練習をたくさんした曲です!

上級生が下級生に教えながらみんなで頑張りました。

 

とても明るい曲です♪


その他の演目

ミュージカルの後は、先生も参加してディズニーソング、

そして、季節にちなんでクリスマスソングを歌いました♪♪

 

 

Disney Medley抜粋版

●If We Hold on Togther
●いつか王子さまが

      ソロ・石川由美子(講師)

 

≪クリスマスソング≫

●きよしこの夜

      ソロ・川畑紀史(31期生)

●クリスマスソングメドレー

   ・ジングルベル

   ・荒野の果てに

   ・サンタが街にやってくる

 

 

こんなに長かったとは…(・.・;)

 

歌っている最中、吐く息が白くなるほど寒かったステージ…

でも、みんな寒さを吹き飛ばすようにいきいきと歌っていましたよ♪

そして、寒い中、あたたかく見守ってくださったお客様にも感謝。

会場の「ふれあい広場」↑

合唱団のほか、音楽グループやダンスチームが

イベントを盛り上げました。


本番までの道のり

実は今回、本番直前の練習で『緊張感が足りていない』と先生から厳しいお言葉が。

団員たちは残された少ない時間で自分たちの問題を考え、

それぞれ自分の課題と向き合いながら、本番は精いっぱいに演じました。

しかし、見てくださったお客さんの目には、周南少年少女合唱団の公演がどううつったのか、みんなとても不安に思っていました。

 

 

本番終了後…1人のお客さんが、ゆみこ先生に声をかけられたそうです。

なんとその方は…元周南少年少女合唱団の団員、それも、合唱団の第1期生の方だったのです!

 

合唱団に対して

「ミュージカルは、自分の所属していた頃(結成当時、1980年)には取り組んでいなかったことです。

 新しいものごとに挑戦していく姿勢をすごいと思います。それは歌にも影響していきます。

 今回の公演とってもよかったよ!」

伝えてくださったそうです。


練習を重ねていても、お客さんにミュージカルをお届けすることに、まだまだ不安がたくさんあります。

ですが、たくさんの人に支えられて歩んできた『30年』という歴史を大切にし、今日よりよい明日を迎えられるように団員一同頑張っていきたいと思います。

今回のステージで第1期生の方にお会いできたこと、とても感慨深かったです。

これからもこの歴史が周南という街に続いていくことを願っています。

 

 

 

未来に続け!周南少年少女合唱団!

 

 

=写真の無断転職。持ち帰りは禁止です。=

=comment=

合唱団へのご意見やご感想、団員への連絡などは自由に書き込んでください。

なお、不適切な内容と思われる書き込みは、管理者の判断で削除することがあります。